FC2ブログ

    映画の案内――「母との約束、250通の手紙」「名もなき生涯」「彼らは生きていた」「37セカンズ」「レ・ミゼラブル」

    2020.02.25 (Tue)

    P1190018.jpg

    今日のお写真は、元講座の生徒さんからのプレゼント

    ≪もう昨年の春のお写真になってしまいましたが、こちらは長くフランス語講座に通って下さった生徒さんから頂いたプレゼント。なんだか分かりますか?こちらは、アイピローです。お友だちがつくっているそうで、わたしの分まで買って下さったそうです。どうもありがとうございます。中にあずきが入っていて(丁寧にまた別の袋に入れられています)、こちらを電子レンジで温めて目の上に乗せるとじんわり目の疲れを取ってくれるアイピローになるというわけです。あずきは自然のもので血行をよくしてリラックスさせてくれる効果があるので、いろいろ商品化されていますね。わたしも肩こりと頭痛が一時期酷かった時があって、温めて肩と首を包むネックウォーマを買ったことがあります。こちらのアイピローはおよそ150回使えますと丁寧なメモを添えて下さったので、心強いリラックスグッズになりそうです。Atsukoさん、どうもありがとうございます。大事に使います。≫





    こんにちは。

    今年は本当に暖かいですね。今日と明日は少しお天気崩れるようですが(雨が降るような予報)、今のところ青空が広がっています。雪も降らないまま、このまま春へと季節は移り変わっていきそうですね。わが家のチューリップもいくつか元気に芽を出し始めました。バラもアジサイも新芽が付き始めています。冬の間は枯れ枝のようだったのに、ちゃんと中では生命が育っていたんだなと思うとなんだか神秘的なものを感じます。




    さて、今日は映画の案内を。

    本当は、灰の水曜日と四旬節のお話をしようと思っていたのですが、パリ時代の友人と映画の話をいろいろしたので少し紹介まで。




    「母との約束、250 通の手紙」

    公式HPより
    フランス有名作家ロマン・ガリのベストセラー自伝小説をシャルロット・ゲンズブール× ピエール・ニネ豪華共演で映画化!あの日、ぼくは誓った。母の途方もない夢を叶えると──

    セザール賞4部門ノミネート(主演女優賞、脚色賞、衣装デザイン賞、美術賞) 。 フランスで動員 100 万人を超える大ヒットを記録した作品





    「名もなき生涯」

    公式HPより
    カンヌ国際映画祭、絶賛の嵐!2020年2月公開。テレンス・マリック監督最新作。自らの信念と家族への愛だけでナチスに立ち向かった、一人の男の実話。





    「彼らは生きていた」

    公式HPより
    2019年の米国・ドキュメンタリー映画でNO.1ヒット!
    終結後、約100年たった第1次世界大戦の記録映像を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督が再構築したドキュメンタリー。イギリスの帝国戦争博物館が所蔵する2,200時間を超える映像を、最新のデジタル技術で修復・着色・3D化して、BBCが所有する退役軍人のインタビュー音声などを交えながら、戦場の生々しさと同時に兵士たちの人間性を映し出す。





    「37セカンズ」

    公式HPより
    ベルリン映画祭史上初の2冠!
    世界中が熱狂した才能と感性にハリウッドからオファー殺到!
    2020年を代表する傑作が日本にいよいよ上陸。

    生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。
    毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いていくユマ。その先で彼女を待ち受けていたものとは…





    「レ・ミゼラブル」

    公式HPより
    「レ・ミゼラブル」の舞台となった街で、今なお繰り返される悲劇の連鎖。現代社会の闇をリアルに描く、衝撃の問題作!!

    ラスト30分の緊迫感。そして衝撃のラストシーンは、私たちに何を問いかけるのか!?もはや、他人事と傍観していることはできない……。











    今日のおまけ

    P1140573.jpg

    最初の続き


    P1190015.jpg

    何ワットで何分間など、丁寧に説明書きを添えてくれました。Atsukoさんらしい細やかなやさしさです。ありがとうございます。


    P1190014.jpg

    あずきアイピローを手作りだなんて、すごいわ・・・


    P1190016.jpg

    みなさんまだ子育て中でたくさんやることがあるというのに、こんな風に体に気を遣って手作りをして。丁寧な暮らし、わたしも少し見習わなくちゃと思います。




    では、お終い。

    よい1日を
    Bonne journée !


    << 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

     | HOME | 

    Furansugo no heya

    アクセス数
    フランス語クラスの部屋へようこそ

    月別アーカイブ

    カレンダー

    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

      メグミ

    Author:  メグミ
    大学第二外国語フランス語クラス(ⅠA/ⅡA・ⅠB/ⅡB・ⅢB/ⅣB)、美と芸術の歴史クラス、学外講座、専門学校、プライヴェートレッスン(グループ/個人)等を担当。本学公開講座、サテライト公開講座、NHK講座、NHK提携公開講座、市民大学講座、県民大学講座、美術展映像字幕などもこれまでに担当。

    英語英米文学科を卒業後、ホテルに勤務、その後留学準備期間を経て渡仏。パリ第3大学にて仏語学・外国語としてのフランス語教育学(FLE)専攻。1996年から2005年までパリに10年在住。日系企業での通訳/フランス語講師などを経て、現在フランス語教員、翻訳家。

    検索フォーム