FC2ブログ

    春を告げるお祭り――ニースのカーニヴァル(Carnaval de Nice)

    2020.02.21 (Fri)

    P1180977.jpg

    今日のお写真は、紅梅。

    ≪こちらは、昨日見た梅の花です。フランス語講座のある建物のすぐ傍に梅のきれいな庭園があるので、講座が終わってからちょっとだけ観てきました。先週同じ場所に行っているのですがまだほんの少ししか咲いていなかったので、今週もまだ三部咲きくらいかな・・・と思っていたのですが、講座へ行くのに車で傍を通ったら満開! 暖かい日が続きましたからね。講座が終わる頃はちょっと肌寒くなってしまいましたが、次の講座は3週間後なのでちょっとだけ歩いてきました。講座の生徒さんをお誘いしようかなと思いましたが、ちょっと寒かったのでひとりで行ってきました(風邪をひかせてしまっては申し訳ないので)。前回からたった1週間しか経っていないのに、見事に満開でした。梅の香りが風に乗って、日本の春を感じました。少し深呼吸。フランスにいた頃は見られなかったお花なので、尚更日本の春を感じます。お写真は、紅梅。可愛いピンク色の梅が今年も見られて幸せ。きれいな梅の花はもうしばらくその姿を堪能できると思います。≫





    こんにちは。

    連日報道されているコロナウイルス、心配ですね・・・ 日を追うごとに、感染者数は増えるばかり。亡くなった方の数も増えていて、肺炎を発症してから重篤になるまでも短いので不安になります。ウイルスは目に見えないので尚更。こどもには比較的うつらないと言われていたのが、今日のニュースでは罹患者が出たとのこと。講座の生徒さんたちも、こども用マスクが足りず(毎日マスクをするよう指導されているそう)不安そうでした。なんとか終息へ向かうことを願うばかり。




    今日は、フランスの春を告げる季節行事のお話です。


    2_20200221151945463.jpg

    今年も、ニースのカーニヴァル(Carnaval de Nice)が始まりました。いつもお話しているので、過去の記事から以下引用しますね。


    5_20200221152643c29.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    ニースのカーニヴァルは、春を告げる大きなお祭りで、多くの人たちが楽しみに待っているものです。ヨーロッパの3大カーニヴァルの1つです(他は、イタリアのヴェネツィアとヴィアレッジョのカーニヴァル)。


    nice15.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    ニースといえば、蒼い海に青い空。リゾート地として人気がある南フランスを代表する都市の1つです。


    france.png
    画像は、インターネットよりお借りしました

    場所はこちら。パリから南へ下がっていくと誰もが憧れる海辺のリゾート地(ニース、カンヌ、モナコなど)があります。ニースは、イタリアに近いので気候も温暖。目の前に広がるのは地中海です。コート・ダジュール(Côte d'Azur=紺碧海岸)の名でも知られる美しい海が広がっています。


    fh030020.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    そのニースで毎年行われるのが、このカーニヴァル。歴史を遡れば11世紀後半の記録に辿りつくほど古い歴史を持ちます。現代のようなニースのカーニヴァルは1873年から始まったそう。もう147年の歴史があるんですね。


    2_201802180552398df.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    なんのためのカーニヴァルかというと、この時期に始まる「祈りと懺悔の期間」の前にみんなで盛大に楽しむ!ためなんですね。四旬節と呼ばれる期間は、お祝い事や贅沢品(お肉や卵など)を避ける質素に暮らす期間ですから(=十字架にかけられたイエスさまの苦しみを共にする期間)、その直前にはこうやってみんなで集まっておいしいものを食べて歌って踊ってこれから始まる苦しい期間を乗り越えましょうということだったんですね。このカーニヴァルが始まると、ああ春も間もなくなんだなと感じます。


    四旬節のお話、マルディ・グラ、灰の水曜日のお話などは、これからアップしていこうと思います。


    1_20180218064525817.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    カーニヴァルはいつから始まるかというと、この後にくる「復活祭」に左右されますので毎年違うのですが、だいたい2月の中旬ぐらいから。最終日は、四旬節に入る前日の火曜日(=マルディ・グラ)になっています。mardi grasは「肥沃な火曜日」と訳されますが、次の日から四旬節に入りますからその前に一掃しなければいけない贅沢とされた食べ物(お肉、たまご、バター、ミルクなど)を楽しんで食べる日だからなんですね。意味が分かるとなるほど!となるかと思います。


    4_202002211526461ad.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    今年の復活祭は4月12日(日)。ということで、そこから46日前から四旬節が始まりますから、今年は来週の水曜日から四旬節に入ります。というわけで、今年のカーニヴァルはの2月15日(土)から始まりました。今月の29日(土)まで続きます。


    3_2020022115264436e.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    卒業旅行や家族旅行などでフランスやイタリアへ行っている学生さんもいますから、もしかしたらこのカーニヴァルの時期に現地にいるかも知れませんね。春を告げる盛大なお祭りですから、ちょっと知っておくといいかなと思います。


    11_20200221151945408.jpg
    画像は、インターネットよりお借りしました

    カーニヴァルは夜も続きます。

















    今日のおまけ

    P1180967.jpg

    最初の続き


    P1180969.jpg

    入り口を入った途端、1週間前とは見違えるほどに梅の花が一斉に咲き誇っていました。


    P1180970.jpg

    伝わるかな・・・ 満開のようす。


    P1180975.jpg

    風に揺られて、ほんのり梅の香りが庭園を包んでいました。凛としたいい香り。


    P1180972.jpg

    たった1週間でこんなに開花が進んでいるだなんて・・・ 今年も無事に見ることができてよかったです。


    P1180974.jpg

    お昼まではぽかぽか陽気でしたが、午後からちょっと曇り空に。わたしも寒くなってしまったので、奥までは行かず手前のお花を堪能して引き上げました。また来られることを願いつつ。


    P1180976.jpg

    梅の香りに包まれて、ちょっと心癒されました。


    P1180978.jpg

    ほんの少し、春の始まりをお裾分け。


    P1180981.jpg






    では、お終い。

    今日も暖かくなりましたが、どうやら明日は春の嵐になってお天気が荒れるようです。世の中は3連休ですね。令和になって初めての天皇誕生日の祝日です。どうぞよい連休を。

    Bonne fête et bon week-end !



    << 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

     | HOME | 

    Furansugo no heya

    アクセス数
    フランス語クラスの部屋へようこそ

    月別アーカイブ

    カレンダー

    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

      メグミ

    Author:  メグミ
    大学第二外国語フランス語クラス(ⅠA/ⅡA・ⅠB/ⅡB・ⅢB/ⅣB)、美と芸術の歴史クラス、学外講座、専門学校、プライヴェートレッスン(グループ/個人)等を担当。本学公開講座、サテライト公開講座、NHK講座、NHK提携公開講座、市民大学講座、県民大学講座、美術展映像字幕などもこれまでに担当。

    英語英米文学科を卒業後、ホテルに勤務、その後留学準備期間を経て渡仏。パリ第3大学にて仏語学・外国語としてのフランス語教育学(FLE)専攻。1996年から2005年までパリに10年在住。日系企業での通訳/フランス語講師などを経て、現在フランス語教員、翻訳家。

    検索フォーム