FC2ブログ

    雑誌の紹介――「家庭画報3月号――秘密の京都」「美Premium――パリの甘い生活」

    2020.02.06 (Thu)

    P1180739.jpg

    今日のお写真は、金柑のシロップ漬け

    ≪こちらは、都内プライヴェートレッスンでお伺いしているマダムから頂戴したもの。広いお庭(農園?)があるお友達のお家で採れた金柑で、シロップ漬けを作って下さったそうで先月頂戴しました。手間暇掛かるものなのにすみません。どうもありがとうございます。段ボールいっぱいにお友達が金柑を収穫しておいて下さったそうで(+ご友人みなさんと収穫されたそう)、それを車で持って帰って、その後ことことシロップ煮にして下さったそうです。その前には、リンゴとゆずのコンフィチュールも頂いていて、その前はエビやしらすやナッツが入った手作りのふりかけも頂いていて、いつもいつもおいしい手作りの品を頂いてしまっています。他にもタイのお土産や京都や鎌倉のお土産や・・・なんとお礼を申し上げればよいのやら。しっかりフランス語でお役に立たねばと思います。ちなみに、わたしがいつも朝食の時に使っているまあるいランチョンマットは(こちらです→★)、彼女からのバリ島のお土産です。パリの学生時代に頂いているので、もう20年以上大事に使っています。≫






    こんにちは。

    今日からかなりの冷え込みになる(冬将軍到来)と聞いていたのでちょっと身構えていたのですが、朝起きたらきれいな青空。お花にお水をあげに外に出てもぽかぽか陽気で、そのまま草を取ったり枯れた葉っぱを取ったりしばらくお外作業しました。ミヌーも気持ちよさそうに一緒にひなたぼっこ。お洗濯もできないだろうなと思っていましたが、気持ちがいいお天気のままなので先程しました。あまりにぽかぽか陽気だったので、ついでに気になっていた外側の窓拭きまでしました。このあたりは夕方くらいから冷え込むんでしょうかね・・・?



    さて、今日は雑誌の紹介です。

    プライヴェートレッスンへお伺いしている生徒さん(上の金柑を下さったマダム)のご家族が雑誌の特集で掲載されたとのことで、わたしも早速本屋さんへ行ってきました。昨日はフランス語講座もあったので、買ったばかりの雑誌を持って行ってみなさんに回してお見せしました。きれいなお写真たくさん載っている雑誌ですので、もしよかったらみなさんも是非お手に取ってご覧下さいませ。


    P1180798.jpg

    こちらの雑誌です。創刊63周年記念号。特集は”静寂を味わえる、とっておきの場所へ――秘密の京都”。お花に囲まれた華やかな表紙で、わたしが行った本屋さんではお勧めのポスターが下がっていました。どこの本屋さんにも置いてある有名な雑誌です。すぐ傍に「婦人画報」と名前がよく似た雑誌が並んでいますのでお気をつけ下さい(別のマダムが間違えそうになっていらしたので)。そちらも有名な雑誌です。どちらもマダム向けなので、学生さんたちにはまだ早いかな?


    P1180799.jpg

    とてもわたしなどが足を運べるところではないですが(高級なので)、美しいお写真がたくさん。うっとり眺めています。


    P1180800.jpg

    2月1日発売の3月号です。わたしはうっかり先月末に本屋さんへ行ってしまい、そちらもお花の表紙で「日本の極上ホテル」という特集だったので、間違えてレジへ並んでしまいました。こちらの特集にも内容が当てはまるので。でも、スキャンしてもらう直前に気付いて、店員さんに調べて頂いて「ごめんなさい、来月号のようなのでまた来ます」と言って出てきたのでした(>_<)。もう2月に入ったのでそんな間違いも起こらないと思いますので、こちらにもお知らせまで。



    2_202002061342199d8.jpg

    もうひとつ「Casa」という別の雑誌にも掲載されたことを教えて頂いたのですが(こちらはまさに表紙を飾っています)、わたしが学年度末でばたばたしていて本屋さんへ行ったのが遅かったので、もう次の号に入れ替わってしまっていました。とても残念・・・ ごめんなさい。




    3_20200206134513fa9.jpg

    それから、もう1冊は「美Premiun」の紹介です。講座の前に本屋さんへ寄ったのですが、時間があったので他の雑誌や本も見ていたのですが、こちらの雑誌が"パリの甘い生活"という見出しだったので目に留まりました。講座のマダムたちが喜ばれるかな・・・と思い。わたしは他に欲しい本もあったのでこちらの雑誌は買えませんでしたが、もし気になる方がいたら是非どうぞ。









    今日のおまけ

    P1180738.jpg

    最初の続き


    P1180741.jpg

    いつも、こんな風に可愛くラッピングして下さいます。


    P1180359.jpg

    金柑を頂いた前のレッスンでは、手作りのリンゴとゆずのジャムと京都のお豆を頂きました。


    P1180362.jpg

    雑誌の料亭の女将さんであったお姉様のレシピだそう。リンゴにゆずはあっさりしていて美味でした。教えて頂いた通り、トーストに乗せたりヨーグルトに乗せたりして頂きました。自分ではリンゴとゆずって組み合わせたことがなかったので、新鮮でした。今度やってみよう。


    P1180361.jpg

    こちらも、甘みあっさりでとってもおいしいお豆でした。どちらかの有名な煮豆で、お店の名前教えて頂いたのに失念してしまいました(>_<)。お正月にみんなで頂きました。


    P1180740.jpg

    そして、金柑のシロップ煮。手間暇掛かるものですのに、いつもどうもありがとうございます。大事に頂きます。


    P1180408.jpg

    そう、脇に写っているのはまた別の生徒さんから頂いた金柑のシロップ漬け。今は神戸にお引越しをされた生徒さんが、年末にわざわざ宅急便でいろいろ送ってくださいました。毎年、お庭で採れた金柑でシロップ漬けをつくってお裾分けしてくださるんです(お裾分けのレベルを超える量をいつも頂いてしまっていますが・・・)。どうもありがとうございます。Mariさんが送ってくださった手作りのジャムやパウンドケーキなどもまた載せますね。





    というわけで、今日はプライヴェートレッスンの生徒さんのご家族が雑誌に掲載されてなんだかとても嬉しかったので、みなさんにもお知らせまで。素敵なお写真に本当にうっとりです。インタヴューは長くて大変だったそうですが(テレビでも雑誌でもメディアにのる部分はその中からほんの少しですものね・・・)、魅力がしっかり伝わってきます。神戸の生徒さん(金柑を送って下さったマダムとはまた別のパリ時代の生徒さん)も、今日さっそく本屋さんへ行ってきます!とメールを下さいました。京都にもよくお出掛けされているので、きっとわたしなどよりずっと身近な話題かと思います。


    今回のマダムのまた別のご家族が経営されている料亭が都内にありますが(こちらも創業100年を超える老舗です)、わたしがフランス語を教えて行っている専門学校の生徒さんのひとりがそちらへ就職が決まった話を最後の授業のもう帰るという時に聞きました。びっくり!なんというご縁。そして、この間テレビに出ていた老舗の酒蔵はもしかしてS君のお家?もうひとり、就職先を教えてくれたU君は、なんと映画試写会のお礼にとこちらのマダムともうひとりのマダム(おふたり一緒のプライヴェートレッスンです)に連れて行って頂いた銀座のお店でした(ここです→★)。なんだか、いろいろなところでつながっていく不思議な縁を感じます。




    では、お終い。

    夕方から夜は冷え込んでくると思うので、学生さんたちは気を付けて。きっと試験が終わって、アルバイトなど夜遅くまでしている学生さんも多いでしょうから。


    では、よい午後を
    Bon après-midi !



    << 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

     | HOME | 

    Furansugo no heya

    アクセス数
    フランス語クラスの部屋へようこそ

    月別アーカイブ

    カレンダー

    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

      メグミ

    Author:  メグミ
    大学第二外国語フランス語クラス(ⅠA/ⅡA・ⅠB/ⅡB・ⅢB/ⅣB)、美と芸術の歴史クラス、学外講座、専門学校、プライヴェートレッスン(グループ/個人)等を担当。本学公開講座、サテライト公開講座、NHK講座、NHK提携公開講座、市民大学講座、県民大学講座、美術展映像字幕などもこれまでに担当。

    英語英米文学科を卒業後、ホテルに勤務、その後留学準備期間を経て渡仏。パリ第3大学にて仏語学・外国語としてのフランス語教育学(FLE)専攻。1996年から2005年までパリに10年在住。日系企業での通訳/フランス語講師などを経て、現在フランス語教員、翻訳家。

    検索フォーム